第18回WEBセミナー

「脳血管患者に対するActivity」

〜歩行の獲得に向けて〜 


講師:藤本 弾 先生

 日 程:2021年7月24日(土)
 時 間:開始 19:00 ~終了 21:00
 会 場:自宅でのWEBライブ受講
 受講料:2000円
 ※新卒者(令和3年3月 国家試験合格者):1000円 



講義概要)

皆さんActivityって知ってますか?

「聞いたことはあるけど、よくわからない。」

「OTさんがよく言うけど、中身は知らない。」

という方が大半ではないでしょうか?

 

ActivityはOTが用いる治療手法の1つです。


ですが、PTさんやSTさん、その他の職種も使っている身近な治療手法です。

普段の治療で用いている階段昇降や不整地歩行、レクリエーションなどもActivityの1種です。

 

そこに、ちょっとした工夫をすると、患者さんの潜在能力を引き出すことができるんです。

知らないうちに患者さんの動きが良くなり、


できなかった重心移動ができた。


歩くときのバランスが良くなった。」など、といったこともあり、


患者さんの潜在能力に驚かされることが多いです。

 

そんなActivityについて、藤本先生と一緒に考えてみませんか?

 

Activityとは一体何か?という疑問から、

どのようにActivityを選択するのか?

介入はどうすればよいのか?

などなど・・・

 

一緒にActivityのGeekな世界を覗いてみませんか?

 

 

Content’s

1.Activityとは

2.Activityの導入に向けて

3.Activityの分析のコツ

4.治療場面での活用

5.まとめ

講師紹介

講師:藤本 弾 先生

社会医療法人財団大樹会  総合病院回生病院 

リハビリテーション部 作業療法士

 

《 略歴 》 

1999年(平成11年) 土佐リハビリテーションカレッジ 作業療法学科 卒業 

1999年(平成11年) 医療法人 石和温泉病院 

2008年(平成20年) 香川医療生活協同組合 高松平和病院 

2011年(平成23年) 社会医療法人財団大樹会 総合病院回生病院 

 

《 活動等 》 

Skill Training Aggregation for POST 代表 

活動分析研究会 香川県代表 

環境適応講習会 講師 

CVA時期別OT研修会 講師 

身体障害のリハビリテーション 3分野合同研修会 講師 

香川県バスケットボール協会 スポーツ医科学委員 

日本ボバース研究会 

 

《 著書 》 

・環境適応 実践実技ノート −中枢神経障害への知覚探索アプローチ− 高橋 栄子 編著 共著 2020年 三輪書店